モードスケール①ドリアン

Share on facebook
Facebook
Share on xing
Youtube

モードスケール①ドリアン

モードスケールの二番目のドリアンはブルース、ジャズに使えて、トニックが7thコードで使うと洗練された響きがするマイナースケールです。
どことなく甲府のような都会的な響きがしませんか?またマイナースケールでドリアンを使うと凄いかっこいいですね。
ここでは前回のコード進行でやってみましょう!!

基本スリーコード
A7-D7-A7-A7
D7-D7-A7-A7
E7-D7-A7-A7

覚え方は、
メジャースケールの4番目の音を半音上げる。
ナチュラルマイナーの6番目の音を半音上げる。
ファの音だけシャープする。

という単純なスケールですが、ここでマイナーサードを足しても、いかしたロックンロールの響きがしますね!!やはりブルースはポピュラー音楽のルーツだと言う事が解かります。
ここで着地するのではなく、あくまでもパッシングノートとして使えたらいいです。基本ペンタトニックなので、ちょっと色を付けるためにナチュラルマイナーとスイッチして使ってもかっこいいです!!

マイルス・デイビスはコードという概念を完全に変えた、モードで進行する新しいジャズを創造しました。かつて音楽はチャーチモードと言って、ダイアトニックスケールと言うドから音を積み重ねていく
ダイアトニックノートによる進行で音楽が作られて来ました、ここで音楽の歴史を塗り替えたんですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

2019年9月
« 8月 10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
カテゴリー
アーカイブ

Countdown To
The Year 2020

Days
Hours
Minutes
Seconds

サミーズギター・音楽教室2019© All rights reserved